1. caption01
  2. caption02
  3. caption03
らくだカイロプラクティック
らくだカイロプラクティック

受付:10:00~21:00
休日:木曜・第3水曜日
住所:札幌市東区苗穂町3丁目
4-18 DearCourt苗穂101(1F)
TEL-011-742-8833
駐車場:3台(7,8,9番)

※出張も応相談
※ご予約の方を優先させて頂きますのでお電話でのご予約をおすすめ致します。




※当店のブログです

よろしければ、以下を押してご覧下さい。



当店にご来店される方は、札幌市東区、 札幌市北区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市中央区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市手稲区、江別市、石狩市、北広島市、千歳市、苫小牧市、鵡川町、岩見沢市、美唄市、砂川市、小樽市、南幌町、真狩村、寿都町、室蘭市、旭川市、増毛町などから来店されております。


~「脱ゆがみ=うきうきな毎日☆」~これを知れば何か得られるのかも・・・?!


これはすべて個人の感想で、エビデンスが担保されているものでもありません。

また、万一、私の表現であなた様に、混乱、不安、不快感を抱かせてしまったのであれば、それはまったくの本意ではないことをご理解して頂けましたら誠に幸いに思います。

※~「脱ゆがみ=うきうきな毎日☆」~のPDFデーター・ダウンロードはこちらPDFダウンロードページへ行く

3、心身は相関している

さて、上記2は、全身というのはチェーンのようにもつれ合いながら相互にリンクし合っているところの相補性の関係にあると記しました。

つまり、2は、主にフィジカル(筋や骨格)面について記したのですが、

ここ、3では、心(メンタル)と体(フィジカル)も、もつれ合いながら相互にリンクし合っているところの相補性の関係にあるということを記したいと思います。

そこで、米国のオープン・アクセス(査読つき学術雑誌に掲載された論文を、

インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くこと)たる科学と医学の研究サイト「PLOS ONE」にある多数の興味深い論文から、

私的に、あえて(=意図がある→③で後述)、恋における人間関係を表し、

かつ、心身相関を示したると言い得るところの、「実に興味深い」と感じられた論文を、私なりの翻訳&要約付きで2つ記すとします。

①人間関係の属性による歩行速度の変化

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0076576

ワシントン大学の人類学者、ウォール・シェフラー(Wall-Scheffler)博士が、シアトル・パシフィック大学の協力の元、

人間関係の属性別に男女 11 人ずつ(18 歳~ 29 歳)の歩行速度を調べると、以下のようになりました。

(1)男性単独は平均 1.53m/ 秒(5.508km/時)、女性単独は平均 1.44m/秒( 5.184km/ 時)
(2)男性友人同士は(1)と比較し約 4.5 %上昇、女性友人同士は(1)と比較し約3.5%下降

(3)男女友人関係は(1)と比較し、男姓約4%下昇、女性約2.7%上昇
(4)男女ロマンチックな関係は(1)と比較し、男姓約5.8 %下降、女性変化なし
(5)手を繋いだ(4)は(1)と比較し、男姓約 6.5 %下降、女性約0.7%下降

総評を端的にいうと、狩猟採集時代から続く、「種の保存」的な行動であるということらしい・・・。

○私個人の感想

さて、人の認知行動というのは、こんな感じで、差別化を図っていると思うと、私的に、実に興味深いという感じです。

①は人間関係の属性別による歩行速度の変化ですが、日常において我々は、歩行時だけではなく

家庭内・学校・職場で、家族関係・友人関係・恋人関係において

さまざまなシチュエーションにおいて、脳がそこにある様々なものを感じて予測・判断し、かつ、動作、つまり、心身を相関させながら、認知行動をしているといい得ます

例えば、実際食べていないのにも関わらず、梅干を脳内で想像するだけで、唾液が分泌されたりして、気分も何だかすっきりするような気もします

また、大切な人を想うだけで、何だかせつなくなるし、琴線に触れる芸術や情報には感動するし、

いろいろな思い出の余韻に浸ることもあるし、そして、未来へも希望出来ます。

同様に、嫌(ネガティブ)な想いというのは、それは、それで、相応の反応をすると言えます。

つまり、現実の領域で観測していなくとも、想像の領域において、何らかを想う・感ずると、心身は相応に反応してしまう傾向にあると言えます

即ち、人間関係というものは開放系故(=閉鎖系に非ず)、自己の心身というものは、自己内単独領域のみに留まらず、

他者との間の人間関係の領域からも何らかの影響を受け、かつ、それらは、相互リンクにして相補性の関係にあり、その中で、我々は何らかの認知行動をしていると言えます。

(詳しくは4で後述)

さて、無から有は生まれません。つまり、認知行動するにも、何らかのエネルギーが必要となると言えます。

かの、アインシュタイン博士のエネルギーの等価式たる、「e=mc^2」というものがありますが、エネルギー(e)=質量(m)×光速度(c)の 2 乗であり、

つまり、質量を得るほどエネルギーも得られると言えます。

即ち、1で記したように、物理的に端的にいうなら、むちの如く上下左右捻りの動作というのは、エネルギー確保行動のひとつであると言えます。

それをベクトル式にするなら、α=右、β=左として、|↑α↓β|+|↓α↑β|=e(エネルギー)となり、

αとβの差分値が多いほど、エネルギーが得られると言えます。

つまり、「緊張・力み」=「上下左右捻り逆対称の動作」=認知行動(予測・判断・動作)の「力への意思」であるといえます。

従って、「緊張・力み過ぎ」というものは、「認知行動」への「力への意思」の裏返しでもあり、

そして、上下左右が逆対称に歪み、それが、長きに渡るほど固定化される傾向にあると言え、

その結果、何らかの「クオリア(詳しくは5で後述)」なる「感覚質」が生まれることで、何らかの痛みやこり、快・不快反応などを感じさせると言えるのかも知れません。

そして、それが長きに続き、苦悩やジレンマ(葛藤)などの呪縛に嵌れば、心身は、まさに、1で記したところの「考える人」状態になるのかも知れません・・・。

☆番外編(恋の歩行大作戦)

もし、出逢った二人が恋に落ち、make loveになるならば、

自然の摂理に従い、男性の歩行速度はより「スロー・ダウン」し、女性は「マイ・ペース」を崩さないようにする傾向にある。

逆な関係であろうとするほど、女性は、単独時よりも歩行速度がアップする。

もしかしたら、気持ちが揺らいだとき、それに相関して、歩行速度も揺らぐのかも知れません。

もし、気になる相手との恋の成就度を計るならば、男性も、女性も、一緒に散歩することの出来る機会を作るとよいのかも知れません。

そのとき、たとえ、相手の歩行速度が「スロー・ダウン」しなくとも、直ぐに脈なしと判断するのは早計なのかも知れません。

「スロー・ダウン」するということは、それだけ、恋の関係になるための「力への意思」が必要であるともいい得て、

言い換えたなら、「力への意思」を感じさせるものが二人の間に創造されたならば、「スロー・ダウン」するであろうとも言えます。

つまり、そこに、雪が溶けちゃうくらいな言動や振舞いが成立すらば、

自然の摂理は、やがて、二人を「スロー・ダウン」させるのかも知れません・・・(*^_^*;)

※心身の法則すべてに言えることなのですが、いつもそうなるとは限らないので、予め、ご承下さい・・・ (・_・;)

②恋は 慢性疼痛緩和のための鎮痛剤

http://www.plosone.org/article/info%253Adoi%252F10.1371%252Fjournal.pone.0013309

米国スタンフォード大学とニューヨーク州立大学の実験によると、恋人達がまだ情熱的な関係であるところの初期段階は、

報酬系が活発になることで陶酔感(恋の魔法ちっくな)が強くなるため、温痛覚の閾値が上がり、痛みを緩和(鎮痛)させることが期待できる。

(1)参加者

ロマンチックな関係になって 9 ヶ月以内で、かつ、passionate love scale(PLS)スコアが情熱的であると認められるところの19 歳~21歳までの、男 7人女 8人。

※PLSとは

passionate love scale 、つまり、「恋の情熱度チェッカー」とでも訳せばいいのかも知れません。

何気にエビデンスもあるようです。

その PLSスコアを計るサイトがあったので、言語は英語ですが、

以下に URL を貼り付けときます。ご興味あれば、話のねたに、自身の恋の情熱度を計測してみるのも、それは、それで、「いとをかし」なのかも知れません。

http://www.elainehatfield.com/Passionate%20Love%20Scale.pdf

http://www.prenhall.com/divisions/hss/app/social/chap10_1.html

ちなみに、私のスコアは57で、5段階評価の下から2番目で、恋の情熱度はクール級だった・・・∑( ̄□ ̄;)

(2)方法

IC 制御の熱発生器による刺激を受けながら、各設定条件をランダム選択で 54 回行い、疼痛レベルの変化を自己申告し、かつ、刺激中は fMRI で脳変化をスキャン。

(3)設定条件Ⅰ

○刺激の種類

1)温度刺激なし
2)温度刺激中
3)温度刺激高

○設定条件Ⅱ

刺激中に

1)パートナーと同姓の知人画像を見せる
2)言語連想タスク(= word association →連想ゲームのようなもの→ 16 で後述)
3)ロマンチックな関係のパートナー画像を見せる

(4)結果

1)知人画像ほとんど変化なし
2)言語連想タスク、温度刺激中→ 36% 疼痛減少、温度刺激大→ 12.9% 疼痛減少
3)パートナー画像、温度刺激中→ 44.7% 疼痛減少、温度刺激大→ 12.1% 疼痛減少

(5) fMRI スキャン結果

①尾状核 ( 学習と記憶に関与 )
②側坐核(報酬、快感、嗜癖、恐怖に関与)
③横眼窩前頭皮質(情動、報酬に関与)

④扁桃体(情動反応の処理と記憶に関与)
⑤背外側前頭前皮質(脳活動の最高司令部)

などの報酬に関与する領域が活性化される。

(6)総評

(サンプル数が少ないという前提ではありますが・・・)、

パートナー画像による疼痛低減と言語連想タスクによる疼痛低減とは、プロセスが異なっており、

パートナー画像は、オピオイド(脳内麻薬様物質)のように作用し、脊髄レベルで疼痛をブロックさせることもある。

ちなみに、これに関連するスタンフォード大学医学部の別記事によると、

http://med.stanford.edu/ism/2010/october/love.html

オピオイドや薬物(嗜癖性の高い薬物含む)が側坐核に作用しドーパミン(快感情)を放出させるように、

恋も側坐核を刺激するらしく、慢性疼痛緩和には、薬のみに頼るだけではなく、情熱的な恋も選択肢となるとのこと。

○私個人の感想

上にあるように、言語連想タスク(連想ゲームのようなもの)で、疼痛がある程度緩和されるということは、

ある意味、病気を自己暗示で憎悪・寛解させたりすることもあると言えるのかも知れません。

いずれにせよ、相補性たる心身と人間関係の相関において、心の痛みというものは、やがて、体の痛みへと変化すると言えるし、その逆もまた然りであり、

つまり、人が恋をする理由のひとつに、「心身の痛みの癒し」というものがあると言えるのかも知れません。

つまり、恋は「心身の傷」を癒すと言え、相互リンクにして相補性たる心身と人間関係の相関の中において、それは、恋の赴くままに巡り合うのかも知れません・・・。

③①で記した意図

さて、①において、「あえて(=意図がある→③で後述)、恋における人間関係を表し、

かつ、心身相関を示したると言い得るところの、「実に興味深い」と感じられた論文・・・」と記しました。

その意図は、この段階まで、ご覧頂いている皆様には、説明しなくとも、既に、おわかりいただいてるのかも知れません。

つまり、①②で記した通り、恋は、心身を相関させたところの人間関係を如実に語ると言えるので、

相互リンクにして相補性たる心身と人間関係の相関というものをお分かり頂くべく、その動機付けとして、

あえて、恋における人間関係を、その「説明モデル」としました。

 

さて、次項以降は小難しくなり難易度がより上がると思われます。
ご興味があれば、続きをご覧下さい。



次ページ:4、「ニュートンのゆりかご」



らくだカイロプラクティック