1. caption01
  2. caption02
  3. caption03
らくだカイロプラクティック
らくだカイロプラクティック

受付:10:00~21:00
休日:木曜・第3水曜日
住所:札幌市東区苗穂町3丁目
4-18 DearCourt苗穂101(1F)
TEL-011-742-8833
駐車場:3台(7,8,9番)

※出張も応相談
※ご予約の方を優先させて頂きますのでお電話でのご予約をおすすめ致します。




※当店のブログです

よろしければ、以下を押してご覧下さい。



当店にご来店される方は、札幌市東区、 札幌市北区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市中央区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市手稲区、江別市、石狩市、北広島市、千歳市、苫小牧市、鵡川町、岩見沢市、美唄市、砂川市、小樽市、南幌町、真狩村、寿都町、室蘭市、旭川市、増毛町などから来店されております。


~「脱ゆがみ=うきうきな毎日☆」~これを知れば何か得られるのかも・・・?!


これはすべて個人の感想で、エビデンスが担保されているものでもありません。

また、万一、私の表現であなた様に、混乱、不安、不快感を抱かせてしまったのであれば、それはまったくの本意ではないことをご理解して頂けましたら誠に幸いに思います。

※~「脱ゆがみ=うきうきな毎日☆」~のPDFデーター・ダウンロードはこちらPDFダウンロードページへ行く

4、ニュートンのゆりかご

ニュートンのゆりかご

 

「ニュートンのゆりかご」は、古典力学における基礎ともいえる、「運動量保存則」や「エネルギー保存則」を具現化するために作られたデバイスもので、

片方が受ける力ともう片方が受ける力は、向きは反対でエネルギーは等価であるということが示されます。

上記GIF画像にあるように、相補性があるところの関係においては、こんな感じの相関係になっており、

かつ、一見、複雑系にもつれて見えるところの自己の心身と人間関係の相関性においても、開放系故、

しまいは、こんな単純系に帰結すると言えるのかも知れません(=スケール・フリー・ネットワーク理論)・・・。

つまり、一見複雑そうに見える・感ずる現象であったとしても、実は、全部それが基本の組み合わせでしかないと言えます。

さて、相互リンクにして相補性たる心身と人間関係の相関というものは、「会話はキャッチボール」の如く、ある意味、「ニュートンのゆりかご」の関係に相似していると言えます。

(何がそれを媒介させているのかはさておき・・・)

即ち、

愛する=愛される
憎悪する=憎悪される

恋する=恋される
弄ぶ(もてあそぶ)=弄ばれる(もてあそばれる)

尊う=尊われる
喜ぶ=喜ばれる

蔑む=蔑まれる
疎んじる=疎んじられる

鼻で笑う=鼻で笑われる
束縛する=束縛される

などなど・・・であり、

言い換えると、何かを得る=何かを失うことだとも言い得ます。

さて、このもっとも古典系にして単純系な関係においては、

至極自明ではありますが、階級差も、収入差も、能力差も、

性差も、年齢差も、文化の差も、生育環境の差も、国籍の差なども、関係なく、まったく、無差別に起こります。・・・(1)

(そう感じられるか、否か、はさておき・・・)

故に、もし、「僕は・私は、こんなに頑張っているのに・こんなに思っているのに、 相手はわかってくれない、気づいてくれない、リアクションが感じられない」などと言う場合、

別の問題があるということなのかも知れません。(詳しくは5で記述)

いずれにせよ、「人は、相互における認知行動が等価であったとしても、自己が他者にしたことよりも、

他者により自己がされたことの方がより強く印象に残る傾向にあり、また、そのとき、「上記(1)で記した何らかの差」を、その名文や論拠としてしまう傾向にもあります・・・。

(12で関連記述)

さて、「原始共産制」たる「狩猟採集社会」ならいざ知らず、

かの、アダム・スミスがいうところの、「分業の利益」を媒介させ発達して来た「競争社会」たる「現代社会」でもあるので、

人間関係において、本音や本質ばかりをまかり通してしまうと、別の新たなる問題を創造してしまい、

それは、それで、混乱してしまうので、本音と建前の世界にならざるを得ないとも言えますが・・・。

いずれにせよ、上記の関係は、不可避にして不文律な関係であるとも言えるので、従って、これは、これで、受容することを愛あらんという感じであります・・・。


次ページ:5、「クオリアなるもの」



らくだカイロプラクティック